風水によるオーダーカーテン

  1. 風水によるオーダーカーテン
  2. 形状記憶加工を利用したいオーダーカーテン
  3. オーダーカーテンを作る際の採寸方法
  4. 海外ブランドから発売されているカーテン
  5. こだわりがある人はぜひオーダーカーテンを

オーダーカーテンには、生地の種類により「ドレープ」と「レース」があります。
厚手の素材のものをドレープ、薄手のものをレースと呼び、2枚を組み合わせて使うことが多いです。

また、形として、スカラップ、センタークロス、クロスオーバー、セパレーツがあり、女性憧れのエレガントなスタイルがあります。素敵なスタイルがあって、迷ってしまいますがじっくりシミュレーションしてコーディネーターの方と相談しながら決めましょう!

カラーについてですが、あまり広くないお部屋のカーテンは、ナチュラルな薄いカラーや、白をお勧めします。派手な色や、柄が入っていると、圧迫感がでてしまいます。

また、風水を取り入れてみても良いと思います。
その方位によって良いカラーがありますので、本などを参考にしてみてはいかがでしょうか。寝室などは、玄関の次に大事な場所と言われていますので、オーダーカーテンに限らず、家具なども変えてみると運気アップにつながるかもしれません。

<機能性カーテン:UVカット機能のカーテン>
特殊な繊維や織りなどによって、紫外線を遮蔽するカーテンです。フローリングや家具などの変色、畳も焼けも防ぐことができます。

カット率の高さによってランクのある場合もあります。
日射しの強い部屋、デリケートな内装や家具のある部屋などで用いるといいでしょう。

形状記憶加工を利用したいオーダーカーテン

購入してから、ずっとオーダーカーテンを使い続けていると場合によってはドレープの形状がだんだんきれいではなくなるという事もある様です。オーダーカーテンは毎日開け閉めするものですので、やはり形状を保つ事ができなくなってしまう事もあります。

もし、いつまでもオーダーカーテンを買った時の様にきれいな形状のまま使用したいというのであれば、最初に形状記憶加工を行っておくといいでしょう。

形状記憶加工を利用したオーダーカーテンは、いつまでもきれいなまま使う事ができるでしょう。洗濯を繰り返してもきれいに使えるオーダーカーテンというのは、日々のお手入れも楽で、使い勝手がとてもいい様です。

オーダーカーテンを作る際の採寸方法

オーダーカーテンは文字通りオーダーメイドであるため、返品・交換などができません。そのため採寸はきっちり行う必要がるので、その方法に関して詳しく説明していきます。

まず、カーテンレールのランナーと呼ばれるカーテンのフックを引っ掛ける部分から、掃き出し窓の場合床まで、腰高窓の場合はその下部の部分までを長さとして計測します。その結果を基に、掃き出し窓なら床にすらない丈に、腰高窓なら枠がきっちり隠れる丈にして作られます。

幅に関しては、レールの両端についている固定のランナーからランナーまでを計測し、それを基に作成されます。また、有料で業者が採寸してくれるサービスもあるので利用するのも一つの方法です。いずれにせよ、オーダーカーテンの場合はしっかり行わなければならない作業です。

海外ブランドから発売されているカーテン

国内にいながら海外ブランドから発売されているカーテンを購入する事も可能です。

海外ブランドから発売されているカーテンは時として日本のメーカーが取り扱っている事もあります。海外ブランドから発売されているカーテンを購入するのであれば、できるだけ幅広くいろんなお店から探してみましょう。

海外ブランドから発売されているカーテンの中にはゴージャスな雰囲気の物などもあります。海外ブランドから発売されているカーテンを国内のお店で購入すると、日本語でやり取りができ、また購入する際にもとても便利です。また、海外に出かけるチャンスがある人であれば、渡航した際に購入するのもいいでしょう。

こだわりがある人はぜひオーダーカーテンを

インテリア用品店や、大きな百貨店に行くとカーテンを取り扱っているお店でオーダーメイドも取り扱っているお店があります。オーダーのいい所はやはり自分の家の窓にピッタリのサイズで製造してもらえるという所です。

既成品ですとどうしても若干長さが合わないということもありますが、オーダーメイドではそういったことは絶対にありません。また生地やデザインも自分で選ぶことができるため、「この生地はいいんだけど、このデザインじゃない」と言ったこともなく、自分が欲しい生地の、自分が欲しいデザインのカーテンを購入することができます。

ページトップへ戻る