物を飾れるカーテンボックス

  1. 物を飾れるカーテンボックス
  2. 注目のカーテン用品
  3. 評価を参考に選ぶカーテン
  4. ボーダー柄が大流行、カーテンの柄にもオススメ
  5. ラグとカーテンを合わせる
  6. 海外ブランドにこだわり選ぶカーテン
  7. 季節ごとに変化するカーテンのニーズ

レールを収納しているカーテンボックスは、インテリアにこだわりがある人であれば設置してみるのもいいでしょう。また、手作りが好きな人は自分でDIYをして作る事もできるみたいです。

構造自体は簡単な物ですので、大きさを間違わなければきっときれいに作る事ができるでしょう。完成して設置する事ができれば、カーテンの上部を隠す事ができますので、ホコリなどの掃除をするのが楽です。

また、上の部分に物を飾る事ができます。幅も十分にないので、おける物というのは小さい物に限られてしまうかもしれませんが、ディスプレイを楽しめますね。

気に入っている置き物などがあれば飾るといいでしょう。

注目のカーテン用品

単に既製品のカーテンを設置するのではなく、お部屋の雰囲気に合わせてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

大阪や神戸のカーテン専門店やネットショップを見てみると、様々なアイテムを発見することができます。特におすすめなのがタッセルを替えてみることです。付属のものを使うのではなく、おしゃれなクリスタルのタッセルや高級感のある房付きのロープタッセルなどに替えるだけで違った雰囲気を楽しむことができます。

DIYが好きな方はこのようにカーテンタッセルを替えて、お部屋の統一感を出したりしているようです。中には手作りする方もいらっしゃるようです。

他にもカーテンレールを替えることで一層おしゃれなものになります。スタイリッシュなものや木のレールなど、こちらも多くの種類がありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

評価を参考に選ぶカーテン

オンラインでカーテンを探してみると、顧客の評価が記載されている事もあります。点数でカーテンの評価が行われている事もあります。

カーテンを買う時に、みんなの満足度について知りたい時には参考にできるのではないかと思います。また、カーテンに関するレビューが記載されている事もあるかと思いますので、閲覧すると商品についていろんな意見が書かれている事もあります。

場合によってはカーテンの写真を眺めているだけでは分からない様な情報が書かれている事もありますので、ぜひチェックしておくといいでしょう。みんなの意見を知る事は店舗ではできませんので、オンラインならではの便利なサービスと言えるでしょう。

ボーダー柄が大流行、カーテンの柄にもオススメ

ファッションの世界で近年スタイリッシュなデザインとしてブームになっているのが、ボーダー柄です。定番のモノクロのデザインやブルーも人気がありますし、セーラー服をイメージさせる青色と白地のデザインも女子ウケが抜群、あるいはピンクの生地に黒色のラインが入っているのも素敵なイメージとなります。

シンプルな柄なので男性でも女性でも気軽に取り入れる事ができ、また近頃では衣類のみならず、カーテンの世界でもボーダーデザインが大流行しています。

特に室内のインテリアがシンプルなマンションの一室には、そういった控えめながらもデザイン性に優れた柄のカーテンがお似合いです。シックなイメージでまとめたい方はモノクロ2色の柄を、爽やかなマリーンの印象を演出したい方は青と白の2トーンカラーのカーテンが良いでしょう。

ラグとカーテンを合わせる

どの様にして設置するカーテンを選んだらいいのかという事については、一度迷いだすと、とことん迷ってしまう事もあるかと思われます。

そんな時には部屋の中に敷いているラグのデザインや色などを参考にして、それに合ったカーテンを選ぶのもいいかと思われます。また、インテリア雑貨のお店で買う時には、カーテンとラグを同じお店で買うと、同じ雰囲気で統一する事ができるという事も考えられます。

ラグとカーテンが調和していると、全体としてきれいに見える事も多い様です。かっこいい感じにしたい人もいれば、できるだけ可愛い感じにしたい人もいると思われます。カーテンを選ぶ前に全体の雰囲気を決めるのもいいでしょう。

海外ブランドにこだわり選ぶカーテン

最近では素敵な国内ブランドも充実していますが、おしゃれに見せたいというのであれば、やはり海外ブランドのカーテンがいいでしょう。

海外ブランドのカーテンは国内では見かけない様なユニークな物を見かける事も多く、きっと好みの海外ブランドのカーテンを見つける事ができるでしょう。

海外ブランドにこだわりカーテンを選ぶ人もいます。カーテンを販売している海外ブランドは数多く存在しています。すべてのアイテムに目を通すのは難しいですが、買う時にはできるだけたくさんの商品を見て決める事をおすすめします。自宅の窓に合う素敵な一点を見つけましょう。商品選びにはできるだけこだわりたいという人もいます。

季節ごとに変化するカーテンのニーズ

ここ数年は、以前より夏は非常に暑く冬は非常に寒くなっているようです。これは地球温暖化も一つの原因に上げられる事例でしょう。これに伴い、カーテンも春、夏用で1枚、秋、冬用で1枚と分けて使う人が増加しています。

夏は、日中の室温が上がらないように遮光カーテンで太陽の光や熱をカットします。日中の室温を上げずにいれば、夜も比較的涼しく過ごせます。逆に冬は、夜から明け方にかけての寒さをシャットアウトできるように、分厚く長めのカーテンを使用します。夏場は寒色、冬場は暖色を用いると、気分の面でも過ごしやすいでしょう。

関連ページ

ページトップへ戻る