便利なイージーオーダーカーテン

  1. 便利なイージーオーダーカーテン
  2. 店舗で購入するオーダーカーテン
  3. セットで買うカーテン
  4. 拡大して見るオーダーカーテン
  5. カーテンの歴史の簡単なまとめ
  6. カーテンを丸洗いする時の注意点

最近ではイージーオーダーカーテンのサービスを見かける事が多くなりました。このイージーオーダーカーテンとはどの様なサービスなのでしょうか。

イージーオーダーカーテンは、既製品の生地の中から自由に選んで、1センチ単位でカットできるという便利な物です。

オーダーカーテンほど自由にスタイルなどは選ぶ事はできませんが、パックになっている物に比べるとサイズを自由に決定できるという物です。デザインは既製の物で問題ないが、サイズが若干違うという場合には、イージーオーダーカーテンが便利ではないかと思います。この様に完全にオーダーしたり、既製品ではない様なサービスも充実しつつある様です。

店舗で購入するオーダーカーテン

最近ではネット通販でもオーダーカーテンがよく購入される様になりました。しかしながら、店舗でオーダーカーテンを購入する事ももちろんできます。

店舗でオーダーカーテンを買うと、実物を手に取って見る事ができるという点において、手元に届いた物がイメージとは異なるという事を防ぐ事ができるでしょう。

そして、オーダーカーテンを店舗で購入すると、店員さんの意見を聞く事ができます。

オーダーカーテンを注文する際にコツや、売れ筋の商品などを教えてもらえる事もあります。しかしながら、お店の照明と自宅の照明では色や明るさなどが異なる場合もありますので、若干印象が異なるという事も場合によりある様です。

セットで買うカーテン

現在、部屋の窓に全くカーテンが設置されていない場合には、カーテンとレースの物とをセットで購入すると便利ではないかと思われます。

セットになっているカーテンは、それぞれ別に購入する必要がありませんので、すぐに欲しい場合などにも便利ではないかと思います。セットのカーテンを買う場合には、デザインや機能、そして機能などから好みの物を選ぶだけです。

その場で購入してカーテンを持ち帰る事ができますので、その日の間に使う事もできます。また、身近にあるお店で売られている事も多いと思いますので、あまり細かい事にこだわらないという場合には、それでも問題なく十分に使える事もあるかと思われます。

拡大して見るオーダーカーテン

遠くからオーダーカーテンを眺めている場合と、近くでオーダーカーテンの生地を見るのとでは、また違った印象を持つ事もあります。

そのため、オーダーカーテンを買う時には、全体の印象はもちろんですが、拡大して見た際にどの様に見えるのかという事が知りたい事もあるでしょう。

そんなケースに対応して、オーダーカーテンをネット販売しているお店では、商品を拡大して、生地の状態まで詳しく把握できる様な写真を、オーダーカーテンの商品情報と共に掲載している事もあります。まるで、商品を手に取って確認している様な感覚でお買い物をする事ができるでしょう。商品情報はユーザーにとって非常に大事となります。

カーテンの歴史の簡単なまとめ

現代におけるカーテンの役割は、遮光や防音などが主なものであり生活に欠かせないものになっています。その歴史を、簡潔にまとめてみました。

最古のカーテンはローマ時代の絵画に見られます。その後、ヨーロッパで出入り口やベッドの周囲に吊るされることが多くなりました。19世紀になると形式として上飾りがつき、現在の様式の基盤となりました。日本では、平安時代の几帳や御簾が原点といえます。

現代の日本では、部屋の形や様式に合わせ、カーテンやすだれを使い分けるなど使い方も様々になっています。部屋の印象を大きく左右するアイテムですから、自分がどんな部屋にしたいのかをしっかりとイメージして選ぶことが重要になります。

カーテンを丸洗いする時の注意点

自宅でもカーテンを洗うのは可能ですが、丸洗いする時には引っかからないように調整することが大事です。

カーテンは大きなものとなりますので、洗濯槽に引っかかる恐れがあります。出来れば丸めて入れられるようにして、非掛かってトラブルが起きることを減らしてください。かなり大きなものになってくると、洗濯槽に入れることは難しいのですが、最近は大容量タイプの洗濯機も出ているので、自宅でも洗うことは可能です。ニットを使うなどして、全体的に洗えるようにしておくと、かなり簡単に綺麗にできて、汚れた場合でも個人で対応できます。

カーテン情報

購入前に知っておきたいカーテンに関する情報をまとめました。

関連ページ

ページトップへ戻る