オーダーカーテンって高いでしょ?

  1. オーダーカーテンって高いでしょ?
  2. オンラインで買うオーダーカーテン
  3. ナチュラルな素材のオーダーカーテンについて
  4. オーダーカーテンと規制品の違いは
  5. カーテンを海外ブランドから選ぶ
  6. 有名ブランドも取り入れられるカーテン

オーダーカーテンの値段は安価なものから高価なものまで、様々です。
生地や技術、お店の歴史などもチェックしてみてください。
そして、無料で見積もりしてくれるので依頼してみましょう。

店舗に行かなくても、ネットから見積もりできますよ。
せっかくカーテンを換える決意をしたのですから、好きなお店で素敵なオーダーカーテンにしてくださいね。おそらく5年以上は使うことになるのではないでしょうか。
気の合うコーディネーターさんがいたら決めやすいですね。

オーダーカーテンは、賃貸から念願のマイホームに引越すときや、デザイナーズマンションに引越しが決まりカーテンのサイズが足りないときなど、ぜひ、オーダーカーテンをご依頼ください。

<機能性カーテン:防炎機能のカーテン>
防炎、防火対策対象建築物、学校・官公庁・ホテルなどに義務づけられているカーテンです。
難燃性繊維を使ったり加工によって、万一火が付いても炎が広がるのを防ぐ機能のことで、不燃性を示すものではありません。

(社)日本インテリアファブリックス協会の統一マークで示されます。一般の家庭でも、キッチンや子供部屋、高齢者の部屋などに設置するケースがみられます。

オンラインで買うオーダーカーテン

お店の他にオンラインでオーダーカーテンを扱っているお店もあります。オンラインでオーダーカーテンを買うと、店員さんに気を遣う事もなく、商品を見るという事が自由にできます。断ると失礼になるのではないかと思う事もありません。

オーダーカーテンは高級な物もありますので、できるだけ時間をかけてゆっくりと選ぶ事もできます。また、他にもオーダーカーテンを扱っているお店の商品と比較してみたいという場合には、その様な事も可能です。

そして、普段は忙しくてお店に行く事ができないという人であったとしても、自分の好きなタイミングでオーダーカーテンを買う事ができます。真夜中であっても購入が可能です。

ナチュラルな素材のオーダーカーテンについて

ナチュラルな素材が用いられているオーダーカーテンに関しては、多くの消費者からの注目が集まっており、専門性の高いスタッフがそろっているインテリアショップに問い合わせをすることが良いでしょう。

とりわけ、オーダーカーテンを購入する専門店については、一般の消費者にとって判断に迷ってしまうことがあるとされ、短期間のうちに購入先のサービスや接客の良しあしを理解することが求められます。

その他、既にオーダーカーテンを愛用している人の体験談に目を通しておくことで、魅力ある商品の使い勝手の良さなども把握することができるようになります。

オーダーカーテンと規制品の違いは

カーテンには、オーダー品と既製品があります。違いは、オーダー品のカーテンはすべて自分の好みで設定することが出来ることです。サイズ、縫製、製作、ヒダ、絵柄までの設定を全て自分このみに、することが出来ます。

既製品のカーテンは、サイズは決まっていますし、縫製なども機械的におこなわれているので、汚い場合もあります。

オーダー品の方では、柄を統一することが出来ますが、既製品の場合は、統一することが出来ません。このようにオーダーカーテンと既製品では、カーテンの質でも大きな違いがあります。既製品の良いところは、大量生産する為に、価格が安い点です。

カーテンを海外ブランドから選ぶ

最近では国内ブランドでも魅力的なカーテンを発売しているお店はたくさんありますが、海外ブランドから選ぶ事もあります。

カーテンを海外ブランドから選ぶと、部屋の中をまた違ったイメージにする事ができるでしょう。

インテリアにこだわりを持っている人などはカーテンを海外ブランドから選ぶ事もある様です。今ではネットがあるおかげで海外ブランドのカーテンも以前と比較してみると、購入しやすくなりました。

フレッシュな気分で新生活をスタートしたい場合などであれば、カーテンを海外ブランドから選んでみる事をおすすめします。いろんなテイストがありますので、自分の趣味に合った物を選ぶ様にしましょう。

有名ブランドも取り入れられるカーテン

新しい住まいへ引っ越したり、部屋の模様替えを行ったりする場合において、カーテンを新調する方も多く存在しています。

市販のものから選ぶ以外にも、オーダーなどを利用して自分の好みや用途に合わせたものを取り入れるといったケースも見受けられます。インターネットの利用が広まる中で、インターネットショッピングによるオーダーが利用できるシステムも幅広く活用されています。時間や場所を問わず利用できる事はもちろん、世界的なブランドやインテリアメーカーなどが参入しており、生地やデザインなども思い通りに作成することができます。

ページトップへ戻る